スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


帯状疱疹後神経痛治療剤リリカカプセル、22日に新発売(医療介護CBニュース)

 ファイザーとエーザイは6月11日、従来の疼痛治療薬とは異なる作用機序を持つ帯状疱疹後神経痛治療剤リリカカプセルを22日に新発売すると発表した。両社で共同販促活動を行う。ピーク時の2019年度の売上高は84億円を見込んでいる。

 剤形は25mg、75mg、150mgの3種類で、薬価はそれぞれ100.50円、167.10円、229.00円。用法・用量は通常、成人には初期用量として1日150mgを2回に分けて経口投与し、その後1週間以上をかけて、1日300mgまで漸増させる。年齢や症状によって適宜増減するが、1日600mgを超えないこととし、いずれも2回に分けて経口投与する。
 現在、国内では末梢性神経障害性疼痛の適応についても承認申請中で、線維筋痛症についても開発を進めている。

 同剤は、欧米で帯状疱疹後神経痛を含む神経障害性疼痛の薬物治療ガイドライン/アルゴリズムの第一選択薬とされており、世界105か国以上で承認されている。


【関連記事】
リリカ、帯状疱疹後神経痛の「第一選択薬となる薬剤」
【中医協】国内初のGLP−1受容体作動薬などの薬価が決定
「新生ファイザーで多角化を一段と強化」
未承認薬・適応外薬の開発要請、最多はファイザーの7件
国内医療用医薬品が2ケタ増収―エーザイ

菅首相会見詳報(7完)「頭の中に内閣改造ない」(産経新聞)
「後ろ指さされないように」=政治とカネ、閣僚が持論―小沢氏意識した発言も(時事通信)
「犯情は悪質。懲役2年を…」検察官の言葉に表情変えぬベスーン被告(産経新聞)
次期中国大使に丹羽氏有力 戸惑う中国側「日本側の意図がわからない」(産経新聞)
交通事故死者、5000人切る=交通安全白書(時事通信)

「首相は辞めない」と政府高官が明言(産経新聞)

 政府高官は1日夕の鳩山由紀夫首相と民主党の小沢一郎幹事長との会談後、首相官邸で記者団に対し、「首相は辞めない」と明言した。

【関連記事】
「首相、こんなレベルか」 群馬県知事が酷評
首相、苦しい心情吐露 「身を粉にしているが理解されない」
民主・輿石氏、首相の進退問題「一両日中に結論」 
内閣不信任・首相問責「効果的に提出」 民主内混乱で自民
閣僚が一斉に鳩山擁護 「職務貫徹を」「全力で支える」
「はやぶさ」帰還へ

厚労省幹部「これでは国民の支持得られない」(産経新聞)
小沢氏会見を再延期=民主(時事通信)
国会、2週間延長を=民主・玄葉氏(時事通信)
菅・オバマ初の電話会談、サミットで首脳会談へ(読売新聞)
社民、連立離脱しても部分連合と選挙協力を模索(産経新聞)

日本創新党との連携も たちあがれ平沼氏(産経新聞)

 たちあがれ日本の平沼赳夫代表は26日、CS放送の番組収録で、今夏の参院選における日本創新党との選挙協力について「それぞれの選挙区を見て、協力できることは協力をしていく」と述べ、前向きな考えを示した。さらに「選挙後に共同会派みたいなものを作り、政界再編のために力を出し合っていきたい」と、参院選後に統一会派を組む可能性にも言及した。

【関連記事】
たちあがれ、片山虎之助氏らの公認発表
普天間迷走も支持率低下もあいつのせいだ
赤松農水相の不信任案、自公共同提出で一致
ここにきて「野党共闘」!? 「退席」で共同歩調
たちあがれ日本、2人を追加公認
目標議席を20に上方修正 みんなの党、渡辺氏
虐待が子供に与える「傷」とは?

橋下府知事、知事会合意は「幼稚園」レベルと批判(産経新聞)
<在日米軍再編>普天間移設 「ジュゴン、絶滅する」 自然保護団体の反対相次ぐ(毎日新聞)
豚が大量のウイルス=感染家畜処分に全力―口蹄疫(時事通信)
300人を日本などに不法入国?タイの2邦人(読売新聞)
北日本太平洋側、大雨恐れ=大しけにも注意―気象庁(時事通信)

<ボタン>早咲き、中咲き、遅咲きが競演 春の寒波が好影響?(毎日新聞)

 ◇大輪が見ごろ

【写真特集】きれいな草花たくさん 毎日植物園

 須賀川市の国指定名勝「須賀川牡丹園」で、ボタンが見ごろを迎えた。紫の「花大臣」、赤い「太陽」など中咲き品種が満開となり、華やかな大輪が来園者を楽しませている。

 同園のボタンは、江戸時代に根を薬用にするために栽培を始めたもので、明治初期に観賞用庭園として整備された。約10ヘクタールの敷地には、樹齢200年を超える古木を含め291種、約7000株が植栽されている。

 春の寒波の影響で早咲きの開花が例年より7〜10日遅れたため、早咲き、中咲き、遅咲きが競演している。橋本公助管理次長(54)は「一斉に咲いているのを見られるのは珍しい」と話している。今月末まで観賞できる見込みだ。

 また、同園は60年間にわたる交配で生み出した新品種を初公開。薄紫色の八重咲きで、底色に淡い紫斑が特徴。25日まで名称を公募している。問い合わせは同園保勝会(0248・73・3490)。【坂本智尚】

【関連ニュース】
【写真特集】富士山のさまざまな表情を写真で
【写真特集】ハッブル望遠鏡でとらえた宇宙の神秘
【写真特集】都心にチューリップ オフィス街で8万本
【写真特集】美しいバラが勢ぞろい 第12回国際バラとガーデニングショウ

<ボタン>早咲き、中咲き、遅咲きが競演 春の寒波が好影響?(毎日新聞)
「大敗しかねない」民主に不安…北教組初公判(読売新聞)
北教組事件で初公判 元経理担当「間違いない」(産経新聞)
携帯ゲーム中毒の主婦、中学生に売春させる(読売新聞)
「たたき台」最終案の取りまとめ延期−民主マニフェスト企画委(医療介護CBニュース)

普天間で知事会の開催要請=麻生会長に首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は13日午後、首相官邸で麻生渡全国知事会長(福岡県知事)と会談し、米軍普天間飛行場移設問題に関する全国知事会の開催を要請した。各地の自衛隊基地への訓練移転を伝え、協力を求めるものとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
ヘリ部隊500人を徳之島に移転=九州各地でローテーションも

B型肝炎、あす和解協議入り 厚労相ら面会かなわず、届かぬ被害者の苦しみ(産経新聞)
女性遺体 「物置に置いた」元夫が供述 静岡・御殿場(毎日新聞)
偽装献金、首相元秘書の有罪判決が確定(読売新聞)
わいせつ行為撮影し販売=DVD所持容疑で調理師逮捕−警視庁(時事通信)
貴金属1200万相当盗まれる=パート女性宅から−茨城(時事通信)

「部下なし係長」2万6600人=国交省が最多−政府答弁書(時事通信)

 政府は23日午前の閣議で、正規職員の部下が一人も存在しない係長や主任などの職制の国家公務員が、全府省庁合わせて2万6634人いるとする答弁書を決定した。自民党の馳浩衆院議員の質問主意書に対し答えた。自衛官を除く全公務員の約8.8%に相当し、定員削減などで組織がゆがんでいる実態が浮き彫りになった。
 省庁別では、地方の出先機関を多く抱える国土交通省が最多で8347人に上る。また農水省(6924人)、厚労省(3057人)、国家公安委員会(1773人)、経産省(1597人)、防衛省(1030人)が1000人以上となった。 

【関連ニュース】
天下り指定席、調査対象拡大=新規採用大幅削減案も
2割削減の道筋、6月にも=国家公務員の総人件費で
公務員ボーナス、2年連続下げか=来月から民間給与調査
天下りにメス、組織を再構築=「仕分け人」蓮舫参院議員
労政審委員、官僚OB排除へ=長妻厚労相

出張ヤギさんが園児とふれあい(産経新聞)
<ISS>日本実験棟「きぼう」のオゾン層観測装置が故障(毎日新聞)
<将棋>羽生強気、終盤へ 名人戦第2局(毎日新聞)
海軍ヘリ異常接近、岡田外相が中国対応を批判(読売新聞)
<金沢切断遺体>飯沼容疑者を殺人容疑で再逮捕へ(毎日新聞)

ワタミとモンテローザが和解 「著書での“中傷”」めぐる損賠訴訟(産経新聞)

 居酒屋チェーン「和民」を経営するワタミ(東京)の渡辺美樹会長が著書で居酒屋チェーン「魚民」を経営するモンテローザ(東京)を中傷したのは過去の訴訟で合意した和解条項に反するとして、モンテローザがワタミと渡辺会長に1億円の損害賠償を求めた訴訟は21日、東京高裁(青柳馨裁判長)で和解が成立した。当事者双方とも和解内容は非公開としている。

 両社は以前、看板使用をめぐって訴訟になり、和解した経緯がある。その後、渡辺会長が著書で「『和民』を作ったら『○民』が出てくる」などと記述。モンテローザ側が「誹謗(ひぼう)中傷しないとした和解条項に反する」として提訴し、東京地裁が昨年、渡辺会長に300万円の支払いを命じていた。

【関連記事】
著書で「○民」揶揄→「魚民」名誉棄損 ワタミ会長に賠償命令
韓国に「笑笑」模倣店? 運営会社が商標無効手続き
「笑笑」そっくり居酒屋の笑うに笑えない言い分
ワタミが串焼き・旬鮮の新業態「炭旬」オープン 年内に5店
駅前居酒屋のワタミがファミレス参入 11月東京に1号店

関東北部の平野部、5センチの積雪予報(読売新聞)
無免許で高速道路逃走、最後は駆け足(読売新聞)
<普天間移設>「やり遂げられるのか?」 米大統領が不信感(毎日新聞)
<火災>放火か 東京・足立2人死傷(毎日新聞)
<郵便不正裁判>団体設立の河野被告に懲役1年6月求刑(毎日新聞)

村木被告「(検事に)腹が立った」と涙 郵便不正公判 第17回詳報(産経新聞)

 《前回に引き続いて取り調べ担当副検事の尋問が行われた。上村被告の前任係長(48)ら当時の厚労省職員を調べた牧野善憲副検事(42)が出廷。検察官はまず、前任係長の調書について問う》

 検察官「調書に『村木被告に報告した』とあるが、前任係長は村木被告に何と言われたと話したか」

 副検事「『ちょっと大変な案件だけどよろしくお願いします』と」

 検察官「公判で違う供述をしているが」

 副検事「それぞれの立場もあるし、一緒に働いていた関係者のことなので証言はしづらいと思う」

 《弁護人が反対尋問に立ち上がる。牧野副検事は、障害者自立支援法を通すために民主党の石井一参院議員の口利きを断れない状況だった、とする調書を作成している。弁護側は当時法案はまだなかったとしており、この点を追及する》

 弁護人「当時本当に法案があったか調べたか」

 副検事「インターネットや押収証拠などで」

 弁護人「押収証拠やインターネットで、平成16年2月当時の法案に関する資料は見つかったのか」

 副検事「なかった」

 《被告人質問が始まる。村木被告はハンカチを握りしめ、証言台に座った》

 《弁護人は、村木被告が凛の会元会長の倉沢邦夫被告(74)に最初に面会したとされる16年2月下旬や倉沢被告に偽造証明書を手渡したとされる同年6月上旬について尋ねた》

 弁護人「2月下旬、倉沢被告と会ったことは」

 村木被告「記憶はない」

 弁護人「手帳や業務日誌に記載は」

 村木被告「探したが、なかった」

 弁護人「6月上旬に会った記憶は」

 村木被告「ない」

 《弁護人は村木被告の当時の手帳を示し、6月1日〜10日を確認していく。政党や省内の会議、面会予定がびっしりと書き込まれていたが、倉沢被告との面会の記載はなかった》

 《弁護人は上村被告への指示に関する質問を始めた》

 弁護人「係長が直接来ることは」

 村木被告「課長に相談に来ることはない」

 弁護人「上村被告が配属になったことは知っていたか」

 村木被告「はい」

 弁護人「話したことは」

 村木被告「一対一で話した記憶はない」

 弁護人「気にかけていたことは」

 村木被告「ある。人事案が固まったとき、人事担当者から了解を取りたいと話があった。(上村被告は)旧労働省の分野で仕事をしてメンタルで体調を崩して薬を服用している。ホームグラウンドに戻るので大丈夫と思うが、と」

 弁護人「呼び出して指示することは」

 村木被告「なかった」

 《さらに弁護人は、国会議員からの口利きへの対応を聴く》

 弁護人「無理な要望があったらどうする」

 村木被告「一番大事なのはできないとはっきり言うこと」

 弁護人「違法でもいいからといわれたことは」

 村木被告「1度だけ。断ったら上司に電話がかかってきたことがあった。もう1回行き、『誰に電話しても私が来る』と言うとあきらめてくれた」

 《最後に弁護人は、取り調べについて尋ねた》

 弁護人「署名を拒否した調書は」

 村木被告「あった。言ったことのない人の悪口を言ったように書かれていたので突き返した」

 弁護人「最終的には署名したか」

 村木被告「した。弁護士に相談したいと言ったが『私の調べは今日まで』といわれ、徹底的に直してサインしようと決めた」

 弁護人「罪の重さについて言われたことは」

 村木被告「『執行猶予がつけばたいした罪ではない』と」

 弁護人「どう思ったか」

 村木被告「腹が立った。検事のものさしと一般市民のものさしは…」

 《涙で言葉を詰まらせる村木被告。ハンカチで涙をぬぐい、声を絞り出す》

 村木被告「私にとっては罪人になるかならないかの問題だし、公務員として30年やってきたことの信用を失うか失わないかの問題です、と泣いて訴えた」

 《法廷は静まりかえった。被告人質問は15日も引き続き行われる》

【関連記事】
「話した記憶ない」 村木被告、偽造指示を否定 郵便不正公判
検察側、「凛の会」元会長の再尋問請求 郵便不正公判第15回公判
郵便不正第14回公判、地検特捜部「適正な取り調べ」を強調
郵便不正公判 障害者団体発起人、偽証明書提出認める
郵便不正公判、検察側やや守勢 まもなくヤマ場の元係長尋問
外国人地方参政権問題に一石

空自スクランブル299回 平成21年度、66%はロシア機 (産経新聞)
村木被告「(検事に)腹が立った」と涙 郵便不正公判 第17回詳報(産経新聞)
<北名古屋市長選>長瀬氏が再選 愛知(毎日新聞)
<厚労省>うその人事情報で100万円受領 職員を処分(毎日新聞)
<雑記帳>高崎のクジラ化石が新種と判明 群馬(毎日新聞)

小型カメラで“旅情”も体感 鉄道模型走行会(産経新聞)

 大阪府豊中市で20年以上活動を続ける「鉄道研究会WOO(ウー)」(松本昌士代表)が18日、市立青年の家いぶきで、鉄道模型の走行会を開く。新幹線や阪急電車などの鉄道模型などを展示、走行させるほか、模型に取り付けた超小型カメラの映像を見ながら運転を模擬体験できるイベントも実施する。

 WOOは府立箕面高校の鉄道研究同好会のメンバーが、卒業後も活動を続ける場を確保しようと、青年の家いぶきの登録団体として昭和60年に立ち上げた。会社員や高校教諭など、20代前半から40代の13人が活動している。

 走行会は61年から実施。1周約16メートルのジオラマで走らせるまでに規模を大きくしてきた。また、6台の模型の先頭車両に超小型カメラを設置。映像をモニターに映し、電車の運転を疑似体験できるコーナーが人気を集めている。

 午前11時〜午後3時、入場無料。車両模型の持ち込みは不可。問い合わせは青年の家いぶき((電)06・6866・3030)へ。

【関連記事】
「鉄ヲタ専用車両でーす」 暴走する一部鉄道ファン
駅前眺望?・ジオラマ…「宿鉄」呼び込め 
鉄ちゃん必見、限定模型セットも 京阪電鉄100周年展
鉄道むすめ人形「但馬みえ」を発売
阪急沿線のジオラマ…開業100周年、本社1階に
外国人地方参政権問題に一石

高齢夫婦、無理心中か=札幌(時事通信)
乗降中のバスに車が追突、9人軽傷…相模原(読売新聞)
雑記帳 南部せんべいにプリント 青森・八戸(毎日新聞)
豪快に一服 奈良・西大寺で大茶盛(産経新聞)
<新型スカイライナー>走行試験が本格化 成田と都心結ぶ(毎日新聞)

「玻」は名前に使えず 両親の特別抗告を棄却 最高裁(産経新聞)

 名古屋市の夫婦が次女に「玻南(はな)」と名付けたが、「玻は人名用漢字ではない」と出生届を受理されなかったとして、この不受理処分に不服を申し立てた審判の特別抗告について、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は、「『玻』の文字は社会通念上、常用平易な文字とはいえないとした高裁の判断は正当」と指摘し、抗告を棄却する決定をした。不受理処分が適法であることが確定した。決定は7日付。

 夫婦は名古屋市の矢藤仁さん(41)と、清恵さん(39)。決定を受けて、清恵さんは「同じようなケースで、裁判所によって対応が分かれている。認められている漢字もあるので、がっかりしています」と話した。次女は無戸籍の状態が続いているというが、清恵さんは「近く、かなで出生届を出しに行き、通名で漢字を使う予定」と話している。

 命名の理由は、仏教の七宝に数えられる「玻璃(はり)」から家族の大切な宝という思いを込めるとともに、旧約聖書に登場する模範的女性「ハンナ」にちなんで決めたという。

 矢藤さん夫婦は平成20年12月、名古屋市東区長に、「玻南」として出生届を提出。しかし、受理されず、名古屋家裁に不服を申し立てたが、却下され、名古屋高裁に即時抗告した。同高裁も「戸籍法には常用平易な文字を用いるとされており、戸籍上使用が認められないことはやむを得ない」として、棄却していた。

【関連記事】
意見公募に272件 改訂常用漢字
人名「玻」認められず無戸籍 父母が最高裁に特別抗告へ
「踏切観察」静かなブーム 「昭和」の香りのシンボル
真央が自転車パレード? エキシビション
「みかじめ110番」はヤクザムヨー(893640) 愛知県警
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<平城宮跡>第1次大極殿ライトアップ 古都の夜空照らす(毎日新聞)
山崎直子飛行士 ISSが日本海上空を通過(毎日新聞)
外相と米大使が会談=普天間めぐり意見交換(時事通信)
期限切れワクチン、確認せず接種=中高生4人に−千葉・袖ケ浦(時事通信)
不明の常岡さん、アフガン北部で監禁か(読売新聞)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化
モバイル ホームページ
クレジットカード現金化 還元率
サイドビジネス
ネットビジネス
selected entries
archives
recent comment
  • 帯状疱疹後神経痛治療剤リリカカプセル、22日に新発売(医療介護CBニュース)
    チュッパプス (06/16)
  • 帯状疱疹後神経痛治療剤リリカカプセル、22日に新発売(医療介護CBニュース)
    とろろいも (01/14)
  • 帯状疱疹後神経痛治療剤リリカカプセル、22日に新発売(医療介護CBニュース)
    カドルト (01/08)
  • 帯状疱疹後神経痛治療剤リリカカプセル、22日に新発売(医療介護CBニュース)
    オリンキー (01/04)
  • 帯状疱疹後神経痛治療剤リリカカプセル、22日に新発売(医療介護CBニュース)
    リョータ (12/25)
  • 帯状疱疹後神経痛治療剤リリカカプセル、22日に新発売(医療介護CBニュース)
    ポリエモン (12/21)
  • 帯状疱疹後神経痛治療剤リリカカプセル、22日に新発売(医療介護CBニュース)
    ゴンボ (12/17)
  • 帯状疱疹後神経痛治療剤リリカカプセル、22日に新発売(医療介護CBニュース)
    ちょーたん (12/12)
  • 帯状疱疹後神経痛治療剤リリカカプセル、22日に新発売(医療介護CBニュース)
    ばきゅら (12/08)
  • 帯状疱疹後神経痛治療剤リリカカプセル、22日に新発売(医療介護CBニュース)
    俊之 (12/04)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM